スポーツの意味と楽しみ方についてです。

スポーツの意味と楽しみ方についてです。

スポーツとは決められたルールで行われる、遊戯・競争・肉体鍛錬の要素を含む身体を使った行為のことを指します。
スポーツをすることでルールを覚え、ルールを覚えることで競技を覚え、競技で勝つことで心地よい快感を得ることができます。
勝ったときの興奮を何度も味わうために人はスポーツを楽しんでいくものだと私は思います。
そんなスポーツですが、楽しみかたは人によって様々です。
勝敗を争うことを楽しむ人もいれば、勝敗関係なくスポーツを楽しむ人もいます。

例えば、プロ野球。

アスリートとして野球の勝敗に起因する選手達は、勝つことを目的にスポーツを楽しんでいます。
日々の練習や試合はとてつもなく苦しいものかもしれません。
しかし、勝った時の喜びは人知れないものでありますので、選手達は全力でスポーツに向き合っているものと思われます。
また、プロ野球の選手達に熱い声援を送り、勝敗に直接起因することはないものの、何らかの形で自らも勝敗の一員に加担することもあります。
逆に、勝敗関係なくスポーツを楽しむシーンを具体的に挙げてみると、

例えば登山が考えられます。

登山は、山頂に到達すること、足腰を鍛えること、いい景色を眺めることなど、人によって目的が様々なものとなります。
誰かと争っているわけではなく、自らの目的に向かったスポーツと向き合います。
スポーツジムで汗を流すサラリーマン、ロードバイクで街中をひた走る家族連れ、勝敗関係なく楽しむのも、スポーツのあり方の一つであると考えます。
見方によっては、自らを超えたい、過去の自分に勝ちたいためにスポーツを楽しんでいると捉えてもよいかもしれません。

いずれにせよスポーツを楽しむことが大切

いずれにせよ、スポーツを楽しむことで、個々人が何らかの価値を見出すことができます。
また、スポーツをするということは健康であるということです。健康な身体を維持するためにも、様々な方にスポーツを楽しんでいってほしいと願います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP